httpsリダイレクトの設定

httpでアクセスを受けた場合に、httpsへ自動でリダイレクトする方法です。

まず、適応させたいディレクトリを開き、『.htaccess』 ファイルを作成します。

cd /home/test/www/html
vi .htaccess

次に、httpsリダイレクトをさせるための記述を、.htaccessファイルに書き込みます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] 

書き込み終わったら、閉じて、httpでサイトへアクセスします。

自動で、リダイレクトされれば、完了です。

301リダイレクトの場合

上記の方法だと、検索エンジンからは、httpのサイトと、httpsのサイトが別のサイトだと認識されてしまいます。

それを避けるには、リダイレクトの種類を301リダイレクトにします。

その場合、.htaccesファイルにこのように書き込みます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://test.tera-server.com/$1 [R=301,L]

上記の場合は、自分のドメイン名を記述する必要はありませんでしたが、301リダイレクトの場合は必要です。

最後の行の『https://』の後を自分のドメインに変更してください。

正常にリダイレクトされていれば、成功です。